債務整理のデメリットとは?※知っておきたい債務整理のキホン

債務整理のデメリットとは?※知っておきたい債務整理のキホン

債務整理のデメリットとは?※知っておきたい債務整理のキホン

債務整理を行えば、それまで抱えていた債務が圧縮・免除されたり、債務者に有利な契約内容に変更してもらうことができますが、その一方で実施することによるデメリットも存在します。債務整理を行う場合は、デメリットの面も考慮して方法を選択していく必要があります。
まず、債務整理を実施すると、国内の信用情報機関に債務整理を実施した事実が事故情報(ネガティブ情報)として記録されます。事故情報が記録されると、以後は住宅ローンや自動車ローン、カードローン、クレジットカードなどの申し込みをしても審査の段階で拒否されます。また、債務整理の段階で既に所持しているクレジットカードについても、規約に基づく利用停止や強制解約の措置がとられる可能性があります。ただし、事故情報は一定の年数が経過すれば削除され、再び借り入れなどができるようになります。削除されるまでにかかる年数は適用する債務整理の方法によって異なり、任意整理の場合は5年程度、個人再生と自己破産の場合は10年程度はかかります。
債務整理の方法固有のデメリットもあります。例えば、個人再生の場合は多くの時間と費用がかかり、再生計画通りに弁済ができなければ、再生計画において弁済の対象外となった債務についての弁済義務が復活する可能性があります。また、自己破産では、保有している財産の大半を処分しなければならない場合があることと、免責許可の決定が確定するまでは一部の職業について資格が制限されることがデメリットとして挙げられます。